So-net無料ブログ作成

妊娠後期の食生活 [妊娠中]

妊娠も安定期に入った頃、つわりがだいぶ落ち着いてきました。
ですが、安定期に入ったのも束の間、7ヶ月に入る頃から胸焼けが始まり、つわりの気持ち悪さから胸焼けのムカムカに変わりました[もうやだ~(悲しい顔)]
味覚変化ではないものの、それはそれで苦しいものでした。

※胸焼けに関しては2010年5月に『GWのパニック事件』(5/11)『まだまだ上の方』(5/13)『予定日まであと1週間ですが』(5/17)で、リアルタイムの記事でも書いてあります。

妊娠後期に起こる胸焼けは、妊娠により大きくなった子宮で胃袋が圧迫されることにより感じるものです。
妊婦さんの中でも感じない方も多いそうで、つわりみたいにメジャーなものではないそうです。
…私はつわりより酷かったですけど[ふらふら]

そういった事情で、胃袋も小さくなっている(圧迫されてスペースが少なくなっている)ので、食事も1回の量が減ってきていました。
食べる量が少ないとすぐお腹空くという感じで、小分けにして何度も食べていました[あせあせ(飛び散る汗)]
夕食なども、途中で1回やめて、2時間後に続きを食べたりといった感じでした。
なので夕食第1段を17:30、第2段を19:30というふうにしていました。

胸焼けの時でも食べやすかったものは、やはりあっさりしたもの。
栄養がスイミーちゃん(アリエルがお腹の中にいた時の名前[揺れるハート])に行くことを考え、サラダうどんとか焼きうどんなどをよく食べていました。

どうしても胸焼けが酷い時助かったのが、蒸しパン。
ほんのり甘い味の蒸しパンを常備しておいて、よく食べていました。
体調が良くない時にも食べやすいものだと思いますので、何も食べたくないときなど、是非チャレンジしてみて下さい。
妊婦さんにも食べやすいと思います[るんるん]

絶対買っておいて良かったもの [妊娠中]

こちらで妊娠中に「買っておいた方がいいよ[exclamation×2]」と言われても真に受けず、産後に必要なものを感じた時にその都度買う方が良いと言いました。

でも絶対に買っておいて間違いのないものもあります。勿論私の主観です。

まず体温計
これはベビー用品専門店などで購入出来る、10秒くらいで測れるものです
今でこそ、体の調子は接していれば分かるので沐浴(お風呂)前に熱を測りはしませんが、最初は熱を測って入れていましたし、仮にお風呂に入れる時に測らなくても大丈夫でも、いついかなる時に具合が悪くなるか分かりません。
大人みたいに何分も我慢出来ませんから、脇にサッと挟んで短時間で測れる体温計は、絶対にあった方が良いと思います[ひらめき]
別に大人が使っても良いものですし、無駄にはなりませんしね。
使うことが少ない方が嬉しいものですけど、具合悪くなった時、熱も測れないと困りますから。

そして哺乳瓶
最初から母乳が良く出て、ミルクなしでも育てられる方でも、湯冷ましをあげたりするのに、最低1本は必要です。
私は難産のため、母に預けて病院[病院]へ通ったりしなければならず、その間にミルクで対応をお願いしましたし、何で母乳をあげられなくなるか分からないので、1本もないと『いざ』と言うときに困ると思います[あせあせ(飛び散る汗)]

消毒するもの
哺乳瓶を使う以上、煮沸かミルトンなどで滅菌しなくてはなりません。
煮沸の場合なら、哺乳瓶をつかむものがあると良いと思います。お箸などでも代用可能でしょうけど、滑りますし、そう高くないので専用の器具があった方が良いと思います。
ミルトン洗浄ならミルトン、レンジなら専用の容器など、滅菌の仕方によって使うものが違いますが、哺乳瓶を消毒するものは必要です。
私は煮沸を選びました。(ミルクオンリーとかでないなら、面倒でなければ煮沸で充分滅菌出来るよと姉に言われたのでそうしました)
これは自分に合ったやり方を選ぶと良いと思います。
私は夜中に消毒が必要になるなど簡単にやりたい時だけ、ミルトンに浸けています。

新生児用の服・下着
出産した時は、ありがたい事にたくさんの方からお祝いを頂きましたが、新生児用というのはあまり頂きませんでした。(ちょっと大き目が多いです。私もそういうものをよく贈りますが[あせあせ(飛び散る汗)]
頂いても、下着はありません。
ベビー専門店などで、新生児用セットという形で下着と服が10枚くらいセットになったものも売っていますので、それがあればひとまず賄えると思います。
下着がないと直接着せることになってしまうので、このセットは私にはとても便利でした[ひらめき]
すぐに大きくなり着れなくなりますし、時に凄く大きく産まれる子(4,000g越えなど)の場合は、本当にすぐ着れなくなるので、このくらいのセットがあれば、余分に買わなくてもいいと思います。


思い当たるのはこのくらいでしょうか[ー(長音記号2)]
(思い出して後から追記するかも知れません)

湯冷ましを作るものとして、新しいティーポットを用意して煮沸して使いましたが、これは代用出来るものがあれば何でも良いかと思います。
洋服[ブティック]などは嬉しくてついつい買ってしまうかと思いますけどね。
因みに我が家は最後まで性別を聞かなかったので、黄色ばかり購入していました[ハートたち(複数ハート)]

妊娠中、用意するもの [妊娠中]

妊娠中には、色々な方が色々な助言をしてくれます。
その中に『○○買っておいた方がいいよ[ひらめき]』という類のものも多くあります。

私の体験で、なのですが、基本的にその手の話は真に受けない方が良いと思います[あせあせ(飛び散る汗)]
産後、里帰りすることもなく、ご主人が単身赴任等でほぼ誰の協力も仰げないというなら別ですが、誰かに『買ってきて欲しい』とお願い出来る状況にあるのなら、子育てを始めてみて自分の必要なものが見えた時、購入したら良いと思います。

というのも、私の経験では以下のようなことがありました。

友人N:「産後ベルト(細いタイプの骨盤を強制するベルト)買っておいた方がいいよ。病院で言われるから」
 ⇒産院が違うことで指示が違い、私の産院では細いタイプのものは使わないよう指示された[たらーっ(汗)]

友人S(注:未婚者):「疲れるから授乳クッションは必ず買った方がいいよ」
 ⇒別になくても不便はなかった[ダッシュ(走り出すさま)]

先輩A:「横抱き補助は買うと便利だよ!」
 ⇒アリエルは横抱きがとても嫌いな子で、ほぼ必要なかった(と思われる)[あせあせ(飛び散る汗)]

というように、結局自分には該当しないケースも多かったのです。
まして、産院が違うことにより、指導や使うものが違うケースも多く、当てになりません[ふらふら]

先輩Aさんは、産院も主治医も同じで、これは必要かと思ったのですが、たまたまアリエルが横抱きを凄く嫌う子で、多分買っても必要とすることはなかったですし。

他にも姉に聞いてみたところ、
搾乳機(タイプにより合う・合わないがあり、乳腺を痛めることもあるので事前購入は危険[どんっ(衝撃)]
おしりふきウォーマー(おしりふきを温めるもの)(おしりふきが乾燥しやすいし、寒い時期じゃないのでなくても大丈夫では?=姉の子は2人とも5月と6月産まれで育てる時期がほぼ一緒なので参考になる)

など、購入を考えても結局買わなかったものも多くあります。

産前に考えていなくて、産後買って良かったのは円座でした。
これは非常に難産で傷が大きく、いつまでも酷い痛みと出血があったためですが、これも傷が軽ければ要らなかったかも知れませんし…[ダッシュ(走り出すさま)]


最終的に、出産後に自分に合ったものを揃えるのが良いのではないかと思いました。
必要ないものを買ってしまうと、お金も無駄になりますし、ものによっては置き場に困ります。
アドバイスを下さる方の好意はありがたいのですが、あくまでも参考意見として頭の片隅に置いておき、自分が何か困ったとき「こういうのがあると良いと言っていたなぁ」と参考に購入されるのが無駄がなくて良いかと思います[ひらめき]

妊娠による体重増加 [妊娠中]

先日の『妊娠中に気をつけたこと』で書いたことについての補足です。
運動はおろか外出を禁じられたとありましたが、こちらはあくまでも私に対する医師の指示です。
新型インフルが大流行し、喘息の持病を持つ身だったため、外出は危険が多いとされ、極力人との接触も避けるよう言われました。
通常、妊婦は適度な運動が必要ですが、私の場合は家[家]にこもっていたため、それが出来なかったというわけです。
これについて『妊婦は運動した方が良いと聞いたことがある』と疑問に思われた方もいると思いますが、一般の妊婦さんはその方が良いと思います。

私のケースは、医師が
運動して新型インフルに感染するリスクと運動しないで体重増加するリスクは、体重増加の方がはるかに良い
と判断したことによります。
(医師としても、体重増加による影響なら自分の方でどうにか対処出来るということだったのでしょう・笑)


さて、その結果私の体重がどうなったかというのを先に書いておこうと思います[ひらめき]


出産直前の体重は15キロ近く増加していました[がく~(落胆した顔)]

妊婦た体重増加すると、10キロ程度が適正で、それ以上になると産後に戻すのが大変と聞きます。
10キロ以上太っても、産後10キロ減らすのは大変だと…[あせあせ(飛び散る汗)]

で今、産後3ヵ月半。
実は産後1ヶ月で10キロ減りました[ー(長音記号2)][わーい(嬉しい顔)]
10キロ減るのは大変だったのでは…?と思うくらい、あっという間に減りました[グッド(上向き矢印)]

今は徐々に減ってきているので、目安となる『半年で元の体重』はどうにかなるかなと思っています。
夏の間中、暑くて引きこもり生活でしたが、少しずつ涼しくなり、これからは気持ち良くアリエルとも散歩に出かけられそうです。

…そうなると気になるのが…
いつになれば本格的なスポーツ復帰が出来るかな[exclamation&question]
ということ。

私の運動禁止令が出た理由の1つでもあるのですが、私の運動は結構本格的で競技にも出ていたんですね[たらーっ(汗)]
完全に去ってしまうより、今後も出来れば出来る範囲で復帰したいと思っている麻能です[ハートたち(複数ハート)]

妊娠中に気をつけたこと [妊娠中]

アリエルのパパ拒否(詳細は『パパがショックだった事件』)は、色々と工夫を重ねて乗り切ろうとしています。
ママじゃなきゃ駄目[exclamation×2]という時も多いですが、一緒に手を添えたり、話しかけたり、ちょっとずつパパに重心をずらして抱っこして貰ったりとさまざまなパターンで試しています。

さて、今回は妊娠中に気をつけたことです[ひらめき]

正直、今思うとこれでいいのか[exclamation&question]って感じですが、そんなに過敏になってはいなかったと思います[ダッシュ(走り出すさま)]

食生活[レストラン]においては、元々アルコール[ビール]も煙草[喫煙]もたしなまないし、嗜好品の中で気をつけなければならないコーヒー[喫茶店]はつわり中は口に出来ず。
嗜好品に関しては、苦労なく過ごせました。
食事面も妊娠初期はつわりで、7ヶ月以降は胸焼けで揚げ物はアウト[ふらふら]

唯一注意が必要だったのは、甘いものくらいでしょうか。
チョコレート好きだったので、その我慢が少し辛いと思ったくらいでした。

最も辛かったのは運動を止められたことでした。
暇さえあれば泳ぎ、スポーツジムに通い詰めていたので、運動を一切禁じられ、新型インフルの関係で外出すら殆ど出来なかったのは本当に辛くて発狂しそうでした[がく~(落胆した顔)]
散歩すら駄目と言われ、体重増加しても外へ出ないよう言われたのは、運動好きには辛かったです[もうやだ~(悲しい顔)]

[夜]は妊娠が分かってから、[時計]23:00には寝るようにし、朝も遅くとも[時計]7:00前には起きてちゃんと朝食をバランス良く取るように心がけました。
習慣とは凄いもので、慣れると夜22:00を過ぎた頃から眠くなるようになりました。
…今はいつでも寝不足ですけど[あせあせ(飛び散る汗)]

やっぱり規則正しい生活と食事はとても大事だと思います[黒ハート]
体重増加の割には何も問題が起こることはなく、安定した妊婦生活を送れました。

産まれたらなかなか友達と会うチャンスもないと思い、色々な友達とも会いました。
我慢したのは海外旅行[飛行機]くらい。
今後、アリエルを連れて行ける日を楽しみにしている今日この頃です。

妊娠初期の食生活 [妊娠中]

現在のアリエルの成長記録と共に、時々妊娠中のことを振り返っているので、時間が行ったり来たりしてちょっと読みにくいかも知れません[あせあせ(飛び散る汗)]

今日は妊娠初期、安定期に入るまでの頃を振り返ってみたいと思います[ー(長音記号2)]

つわりは割りと早くからあった方でした。
何しろ『なんだか気持ち悪い』『夜に変な嘔吐があった』ということも、妊娠したかも[exclamation&question]の判断になったくらいですから[ダッシュ(走り出すさま)]

初期の頃は味覚変化に苦労しました[バッド(下向き矢印)]
食べてみるまで、今まで好きだったものが美味しくなかったりするのに気づかないのですから[ふらふら]

私が苦手になったものは…
、および魚出汁の強いもの
妊娠に気づくきっかけとして、魚出汁で有名なラーメンが気持ち悪くて食べられませんでした。
コーヒー[喫茶店]
特にカフェオレ。ミルクと混ざると駄目です。コーヒーの香りも好きだったのに、当時はスタバの前を通るあの香りすら苦手になりました。
ジューシーなお肉
普段だったら好んで食べたいところ。腿肉とか厚みがあるとか、駄目でした。


好んで食べたものは以下の通りです。
トマト、酢を使ったもの(酢の物とかもずく酢とか)、酸味の利いたドレッシングで頂く野菜、お寿司、胸肉などさっぱりした部位。
全体的に脂っこいものが嫌になり、さっぱりしたものや酢の利いたものが好みとなりました[グッド(上向き矢印)]
つわりが治まっても味覚がこのままなら、超ヘルシーな食生活でしょうという味覚でした。

…まんまとつわりが治まると共に、味覚もすっかり元通り=自然とヘルシーとはいかないになりましたけど[もうやだ~(悲しい顔)]

トマトは妊婦に人気の食材と聞いたことがありますが、とっても分かります。
また、どうしても食べにくい時は、ハンバーガー[ファーストフード]などのような大味のものはとても食べやすかったです。
ファストフードをよく食べる妊婦さんもいるようですが、味覚変わらず食べられるものなので、なんとなく分かりますね。(私はごくたまに欲しくなるくらいでした)

引きこもり生活になった妊娠中の麻能 [妊娠中]

忘れないうちに、妊娠初期の頃を思い出して書き留めておこうと思います[メモ]

妊娠に気づいた時(記事はこちら)が10月初旬でした。
自分で「もしかして…?」と思った時から既に味覚変化はあったのですが、あまり酷いつわりはなかったように感じます。
…どこからを『酷い』と言うかにもよりますけど…[たらーっ(汗)]

私は『寝込む』となると酷い状態だと感じていたので、幸いにもあまり寝込むことはありませんでした。
割と「気持ちの問題」と思い込むようにして、あえてサクサク動こうとしていたというのもあるかも知れません。

ただ、ちょうど去年の秋は新型インフルエンザが大流行していました[がく~(落胆した顔)]
テレビ[TV]でガンガン言っていたので皆様もご存知だと思いますが、妊婦および喘息や糖尿病などの持病を持つ人は悪化しやすいとのことでした。

私は勿論妊婦。
ただ、厄介な事に私は喘息持ちでもあったのです[もうやだ~(悲しい顔)]

致死率の高いと言われる妊婦と、特定の持病持ち[バッド(下向き矢印)]
産婦人科の主治医に相談したところ、衝撃の言葉を言われました。

一般データによると、新型インフルにかかった場合の妊婦の致死率は12~13%と推測されている。
そして持病持ちの人の場合もほぼ同じくらいの数値と推測されている。
それがダブルになった場合はというと…
正確な数字は出ていないが30%~40%になるのではないか、と[がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)]注:あくまでも主治医の推測による数値です


…さ、30~40%[exclamation&question][exclamation×2]

一気に恐怖になりました。

その頃はまだワクチンに関して政府の判断がなされていなく、いつ入るかも分からない状態。
即、職場にその旨相談したところ、診断書出してとりあえず1ヵ月半くらい休んでて!と言われました。

普段だったら「わーい、1月休める~!」ですけど、外に出れない身としては嬉しくは…ない。
でも素直に休みました(←当たり前)。

結局その後、インフルの終息する気配はなかったですし、ずるずる有給のまま休むのも気が引け、また産後に幼い子を預けて働きに出るのは嫌だったので、年末で退職させていただいたのでした。
仕事は取り返しつくでしょうけど、子育ては過ぎちゃったら終わりかなというのが私の意見でして[ー(長音記号2)]

厚労省のちょっと遅すぎる対応を待ち、何とか年内に防腐剤なしのワクチンを接種できましたが、かからないに越したことはないということで、あまり積極的に外に出ない生活を続けたのでした。

えぇお陰で体重は凄く増えましたよ[バッド(下向き矢印)]
でも主治医は新型インフルにかかる危険性を排除出来るのなら、外に出ないで太った方がはるかにマシと。

妊娠と共にスポーツクラブも強制退会させられていたので、体重は景気と真逆の右肩上がりとなりました[たらーっ(汗)]


※仕事と育児に関しては私の個人的な意見を申し上げています。
 決して産後すぐに仕事復帰される方を批判するものではありません。
 お気を悪くされた方がいらっしゃいましたらごめんなさい。

妊娠に気づいた時のこと [妊娠中]

なかなかアクセス出来ない日が多く、あまり記事が書けていません[あせあせ(飛び散る汗)]
もうすぐ3ヶ月になりますが、ペースが出来るのにはまだまだですね[ダッシュ(走り出すさま)]

今から思い返すと、ということもあるので、今日は妊娠に気づいた時のことを書きたいと思います。

私が妊娠に気づいた時は、自分でも自覚症状がありました。
まず、変な微熱
元々平熱が35度台という低体温の私ですが、昨年の9月末頃、数日「微熱があるような…?」という体調の日がありました。
実際、体温も36.5くらいになったりと、普段の体温から考えると明らかに微熱と言える状態になりました。

そして味覚
大好きだったコーヒー[喫茶店]が美味しくないと感じました。
カフェオレにするのが好きだったのですが、飲んでも美味しくなく、残してしまったり。
他にも2つくらい味覚の変化を感じたものがありました。
そのジャンルがバラバラでした。

更に、気持ち悪さ
変な吐き気というか、そういうのを時々感じました。
所謂『つわり』が始まっていたのでしょうけど…[ふらふら]

その3つをトータルするともしかして…?と思っていました。

でも結婚4年。期待して違っていたらショック[がく~(落胆した顔)]だわぁと思うと、「もう少し様子見ようかな…[たらーっ(汗)]」と思ってしまいました。


そして10月初旬。
スポーツクラブの仲間の結婚式[ぴかぴか(新しい)]で、女医の友達と再会。
症状を話して「何だかちょっと予感がするの」と言ったら

「検査薬を使って、陽性が出たら即病院[病院]行きなさい[exclamation×2]今は妊娠3ヶ月越えると、初診を嫌がる産婦人科も多いから[exclamation×2]ね」と言われ、慌てて翌日薬局へ[ー(長音記号2)]

結果はくっきりハッキリ陽性で、更に翌日病院へ行ったのでした。

正直、3ヶ月以上で初診を嫌がる産婦人科が多いというのは衝撃でした[がく~(落胆した顔)]
産み逃げとか、トラブルが多いからでしょうか…神経質になっているんですね[ダッシュ(走り出すさま)]
女医ならではの情報なので、助かりました。
また、症状を話して「検査薬使った方が良い」というのも、医者の言葉と思うと、背中を押してくれる言葉でした[わーい(嬉しい顔)]
専門外とはいえ、さすがですね[るんるん]


結果として勿論妊娠していたわけですが、やっぱり今は簡易的に検査が出来るキッドを売っているので、おかしいなと思ったら試してみると良いのかなと今になると思います。
自覚症状があるなら、尚更のことです。

当時は新型インフルが流行しており、喘息持ちの私は色々と制約があり大変な妊娠初期を送りました。
そのことについてはまた別の記事で触れたいと思います。

思い返すともう1年近く前のことなんですね。
言いようのない感激と、同時に不安を感じたものでした。
思い返すと冷静に考えられることも、当時は何でも焦ったりしたものだなぁと思ったりします。
こうして妊婦生活にも慣れていったんですけどね(笑)

今日が予定日でしたけど… [妊娠中]

今日、スイミーちゃんの出産予定日でした。
3ヶ月近く続いていた胸焼けが、ここ2,3日中で急に解消され、人が見ても「下がったんじゃない?」と言われていたので、今日の検診では恐らく「もうすぐだね」とか言われるだろうと思って期待をこめて検診に行きました[グッド(上向き矢印)]

実際に、胸焼けだけじゃなく、みぞおちの辺りの突っかかる感じや膨らみがかなりへこんでいたので、私的には「かなり降りているんじゃない[わーい(嬉しい顔)]」と思っていたのですけど…

エコーをかけたら、心臓の位置がかなり高めでした[ふらふら]
先生も「うーん、ちょっとまだあまり下がってはいないねぇ」と苦笑い[あせあせ(飛び散る汗)]

自分の意識ではかなり下がった気分でいたので、「最後の検診かもよ[exclamation×2]もうエコー見れるの最後かもよ[exclamation×2]」と言い切っていたので、一緒に行った母、途中合流した主人が思わずくすっと笑ったくらいでした。
…自信満々だっただけに、ぜんぜん違っていておかしかったんでしょうね…[たらーっ(汗)]

胸焼けがすごく解消されたんですけど、僅かに下がったという程度で、出産になるほどではまだまだないということのようです[ダッシュ(走り出すさま)]

先生の指示により、次の検診は28日金曜日。
帰り際「検診までに陣痛が起きて産まれるといいね」と言ってくれました[ー(長音記号2)]

今はあまりお腹に持ちすぎると良くないとかで、10日と遅れないよう促進剤を打たれてしまうそう[もうやだ~(悲しい顔)]
そうならないように、スイミーちゃんに少し頑張って貰わなくては[exclamation×2]です。

りんごから洋梨 [妊娠中]

明日、本格的に実家[家]に戻る事になりました。
予定日まであと2日ですし、明日は主人が泊まり勤務なので、ちょうど良いタイミングだと思います。

既に他でご存知の方もいらっしゃいますし、ちょいちょい出てきて「???」と思われていた方もいるかと思いますので、先に説明しておきます。
私、お腹の子を『スイミーちゃん』と名づけていました[わーい(嬉しい顔)]
昔、国語の教科書に出てきた、黒い魚の名前です。
私達夫婦が水泳をやっていることと、羊水の中を泳いでいることから、名づけました。
ベビちゃんとか赤ちゃんとか、誰もが同じ呼び方より、愛着があるなぁと思いましたので[揺れるハート]

その名前で呼ぶのもあとわずかになりそうです。

先日、主人のお爺様の葬儀の関係で色々と書いていましたが、その頃から徐々に感じてきた、下がってきている感じ。
どうも気のせいではないようです。

お腹の出方もちょっと変化が出てきて、なんと言うか、りんご型から洋梨型になってきた感じ[あせあせ(飛び散る汗)]

りんごって全体が丸みを帯びてますよね。
それに対して洋梨って下の方が大きく膨らんでますよね。

少し前まで、りんごのようなお腹の出方だったのに、少しずつ洋梨っぽく下の方に寄ってきているようなのです。
それに準じて、胸焼けもぐっと解消され、昨日・今日と全くくらいにありません。
予定日は明後日。ほぼ予定通りくらいになるかな…?

なんて思うと、ちょっと不安だったりします[ダッシュ(走り出すさま)]
実家に帰ると、今までのようなアクセスも訪問も出来なくなるかと思います。
また、出産の頃は暫く留守しますので、何卒よろしくお願い致しますm(__)m

メインサイト『麻能's trip guide-只今産休中-』[飛行機]は毎日定期的に更新されていきます[ー(長音記号2)]
よろしければそちらもご覧下さいませ。
http://mayotriplove.blog.so-net.ne.jp/

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。